外来案内

診療内容

外来曜日別診療医一覧表

月曜日 火曜日 水曜日木曜日金曜日土曜日
午前脊椎脊髄·頭蓋底外科
黒川 龍 准教授
血管障害·血管内治療
池田 剛 講師
血管障害
河本俊介 教授
一般
奥貫かなえ 医員
てんかん外科
荻野 雅宏 准教授
一般
森永 裕介 医員
阿久津 善光 医員
下垂体·頭蓋底腫瘍
阿久津 博義 教授
脳腫瘍
宇塚 岳夫 准教授
樋口 芙未 医員(非常勤)
一般
黒川 龍 准教授
午後血管障害(予約のみ)
河本俊介 教授

脳腫瘍
宇塚 岳夫 准教授
てんかん外科
荻野 雅宏 准教授

外来

毎日2人以上の医師(脳神経外科学会専門医有資格者)が外来診察にあたっています。

特徴・特色

脳神経外科疾患に対して、24時間体制で対応しております。
当科では全ての手術を脳神経外科学会専門医が担当しております。
頻度の多い頚椎や腰椎の椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症以外にも、脊髄腫瘍、脊髄動脈奇形などの血管障害、脊髄空洞症、環軸椎亜脱臼などあらゆる疾患に対して、最新のナビゲーションシステムやモニタリング装置を用いた安全体制のもとで手術を行っています。
脳腫瘍に対しては、特殊MRIやPETなどの検査を併用し、術中神経モニタリング装置、術中ナビゲーションシステム、神経内視鏡、特殊蛍光顕微鏡などの最新鋭の手術補助装置を駆使して手術を行い、良性、悪性を問わず良好な成績を挙げています。術後は必要に応じてガンマナイフなどの放射線治療、各種化学療法を行っており、遺伝子解析結果に基づいた最新の集学的治療を行っています。
各種脳血管障害に対しては、開頭手術、脳血管内治療の両分野にそれぞれ専門のスタッフを配し、くも膜下出血や脳内出血などに対する急性期治療はもちろんのこと、未破裂脳動脈瘤や頸動脈狭窄症などに対する予防的治療に対しても専門的な治療を行っており、良好な成績を挙げています。
脳動脈瘤に対しては症例に応じて開頭クリッピング術と脳血管内治療(コイル塞栓術)を行っています。脳動静脈奇形に対しては開頭摘出術、脳血管内治療、ガンマナイフを組み合わせて治療を行っています。各種脳動脈狭窄症・閉塞症に対しても、内膜剥離術、ステント留置術、バイパス術を行っています。
新生児および小児脳神経外科疾患に対しては、総合周産期母子医療センター産婦人科・小児科・小児外科の協力により、安全な管理体制のもとで手術治療が可能で、各種水頭症、先天奇形、脳腫瘍などに対する手術を行っています。
また、顔面けいれんや三叉神経痛、パーキンソン病、てんかんなどに対する手術に対しても専門スタッフを配置し対応しています。難治性てんかんに対する焦点切除術、パーキンソン病に対する脳深部刺激療法なども積極的に行っています。
詳細に関しては、外来受診時に担当医に問い合わせてください。