後期研修医プログラム

獨協医科大学脳神経外科における後期研修プログラム

研修の到達点の目安

卒業年次

到達目標

3

神経学的診察を行い、局在診断ができる
適切な検査(X線、CT、MRI、SPECT、PET、脳血管撮影、脊髄造影など)をオーダーし、読影できる
呼吸・循環管理、頭蓋内圧管理などの周術期管理ができる
各種手術の助手を行う
上級者の監督下に以下のことができる
脳血管撮影、脊髄造影、ガンマナイフ枠付けおよびプランニング
脳室ドレナージ手術、脳室腹腔シャント手術
穿頭血腫洗浄ドレナージ手術、頭蓋内圧センサー挿入
各種開閉頭、特にpterional approach 、脊椎後方の開閉創

4

上級者の監督下に以下のことができる
開頭頭蓋内血腫除去(マクロ)、開頭脳内血腫除去手術(マイクロ)、内視鏡下血腫除去術
外減圧手術、頭蓋形成術
定位的脳生検手術

5

上級者の監督下に以下のことができる
Sylvius裂の剝離(マイクロ)、後頭下開頭
円蓋部髄膜腫摘出手術、
マイクロカテーテル挿入

6

上級者の監督下に以下のことができる
脳動脈瘤クリッピング、脳腫瘍摘出(転移、グリオーマなど)
経鼻内視鏡下下垂体腫瘍摘出
勉強会

7

専門医認定試験合格

8

サブスペシャリティ(血管障害、腫瘍、脊髄、血管内治療、機能など)の訓練または学位取得にむけた研究など

~以降